ボランティア情報

地域福祉情報

くらしの相談

福祉の資格と仕事

市町社会福祉協議会社会福祉施設・事務所の方へ

香川県内の社会福祉施設・事務所情報

香川県福祉協議会について

生きがい情報ひろば

香川おもいやりネットワーク事業

TOP > 香川県福祉協議会について > トピックス一覧 香川県福祉協議会について
■ トピックス一覧 Topic & News

« 前の記事 | 記事一覧

2020年11月

2020年11月 4日 (水)

「赤い羽根子どもと家族への緊急支援活動助成事業」(第2次)の募集について

標記について周知依頼がありましたので、ご案内します。

詳細はこちらをご覧ください。

2020年11月10日 (火)

【福祉人材センター】令和2年度福祉のしごとサポートフェアの開催について

福祉の職場への就職を希望される方、福祉の仕事に関心のある方を対象に、福祉の仕事の業務内容や勤務体制についての説明会を開催します。


◇福祉のしごとサポートフェア

   日 時   令和2年12月22日(火)13:00~15:00 

   会 場   オークラホテル丸亀(丸亀市富士見町3丁目3番50号)

   対 象   福祉の職場への就職を希望される方、福祉の仕事に関心のある方

   参加方法  申込みは不要 当日、直接会場へお越しください。


◇福祉のしごとサポートフェアについての詳細はこちら


お問い合わせは 香川県社会福祉協議会 香川県福祉人材センター  TEL 087-833-0250

【福祉人材センター】保育士就職面談会の開催について

香川県内で保育士のお仕事を探されている方などを対象に、保育士就職面談会を開催します。保育のお仕事に関心のある皆さん、学生の皆さん、ぜひご参加ください。


◇保育士就職面談会

  日 時   令和2年11月23日(月・祝)13:00~15:00 

  会 場   穴吹学園ホール(高松市屋島西町2366-1 旧高松テルサ)

  対 象   香川県内で保育士のお仕事を探されている方、保育士資格取得見込みの方

  参加方法  申込みは不要 当日、直接会場へお越しください。


◇保育士就職面談会についての詳細はこちら


お問い合わせは

保育士確保推進事業事務局(㈱穴吹カレッジサービス内) TEL 087-823-0303

2020年11月12日 (木)

【助成】子どもの居場所づくり応援事業の追加公募(12月頃予定)

子どもの居場所づくり応援事業の追加公募(12月頃予定)の概要は下記のとおりです。
〇目的
 本事業では、新型コロナウイルス感染症拡大 の中 、こども食堂等子どもの居場所を運営する団体 及びネットワーク活動・中間支援を行う団体を対象に、子どもの居場所づくりにおけるインフラ整備 のための助成 。特にコロナ禍において、生活を支える「食」の確保が優先課題となる中 、開催中止を余儀なくされ、利用者負担金が無いままに、自主的に代替となる活動を続けている団体が多くあります。子どもの居場所運営団体が食材・食品等を容易に得られる環境を整えることで、子どもたちに多様な食に触れてもらう食支援活動を継続的に実施する 。

〇プロジェクト実施期間 事業実施期間:1年間
 ・採択予定実行団体数 10団体程度
 ・助成総額      4,200万円(予定)1団体あたりの最大助成額 500万円
 ・公募期間      2020年8月6日~9月4日(金) ※本公募で助成枠が埋まらない場合につい ては、追加公募を2020年12月頃に予定。

〇助成対象事業
 1)共同冷蔵(冷凍)庫等の設置・活用、運搬車両の購入・手配、食品庫(保管庫)の整備など、複数団体が 地域でストックし、食の確保をできるようになるための活動
 2)他団体に対する寄付食品や物品の斡旋(マッチングのための数量調整、配送・運搬手配含む)。
 3)資金分配団体が窓口となった食品や物品のマッチング、食品支援企業や提供先こども食堂等居場所のデータ共有を図る等、資金分配団体との連携設置した冷蔵 (冷凍)設備を実行団体が地域の他の活動団体と協働的に活用することが条件。

〇助成の対象となるプロジェクト期間  2020年10月 (※契約締結後)から1年間

〇応募団体の要件
 実行団体として助成の対象となる団体は原則、法人格の有無は問わないが、ガバナンス・コンプライアンス体制を満たしている団体。 (公募要領 「3.申請資格要件(p.2)」参照)

〇助成対象経費
 活動を実施するために必要となる以下の経費を対象
 ・冷凍冷蔵設備購入費、設置工事費
 ・冷凍冷蔵設備に必要な衛生管理商品など備品購入費
 ・その他、対象事業を実施するのに必要な経費

〇助成金額
 ①助成総額予定 4,200万円程度
 ②1団体あたり上限500万円 助成金の支払いは6か月ごとの概算払い。
 ③助成対象期間 2020年10月(※契約締結後)から1年間 最終の精算報告は事業終了後11ヶ月以内。

〇応募方法および提出書類
 所定の助成申請様式(様式1~7)に必要事項を記入のうえ、必要な関係書類を添付し、DVDまたはUSB媒体で提出。申請書は、当法人ホームページよりダウンロード。捺印のある書面は、その印影が確認できる写しファイル・画像等のデータを送る。公募要領 「5.申請の手続き(p.3参照)」

応募ガイドライン   公募要領

申請書送付先・問い合わせ先

 一般社団法人全国食支援活動協力会
  〒158-0098 東京都世田谷区上用賀6-19-21
   TEL 03-5426-2547 FAX  03-5426-2548(受付:平日 月~金、10時~17時)
         Email saposen@mow.jp
           Web:http://www.mow.jp 担当:平野、大池、斉藤(プログラムオフィサー)

2020年11月16日 (月)

【助成】令和2年度「幼い子どものゆたかな育ち応援助成」募集

乳児院・里親家庭・ファミリーホームで生活する児童の七五三のお祝いを支援する「ゆたかな育ちと自立」応援助成事業
令和2年度「幼い子どものゆたかな育ち応援助成」実施要項の概要は下記のとおりです。

〇趣旨
 本事業では、株式会社ジェイ・ストーム(レコード・映画制作会社)からの寄付をもとに、社会的養護施設等(乳児院、里親家庭、ファミリーホーム)で生活する児童のゆたかな育ちと、社会に向けた自立への歩みを応援することを目的として、子どもたち一人ひとりが成長後、自らの生い立ちをたどることができ、自らの糧として社会的養護施設等での育みをふりかえることができるよう、七五三のお祝い費用の一部を助成。

〇助成内容
 (1)助成対象となる費用
     乳児院における入所児童、または里親家庭もしくはファミリーホームにおける委託児童の七五三のお祝い費用の一部
     例)・生い立ちの記録を残すための費用(スタジオ撮影、手型・足型、アルバム作成など)
           ・七五三の記念行事としての外出や食事にかかる費用
           ・七五三の記念行事にかかる子どもへのお祝い品(衣服・靴など)の購入費
  ※七五三とは無関係な娯楽・教育等にかかる費用や、施設等の備品となるものの購入費は、助成対象外。
 (2)助成金額
          児童1 名につき30,000 円を限度として助成
 (3)助成対象者
     乳児院の入所児童、または里親家庭もしくはファミリーホームにおける委託児童のうち、令和2年において七五三(7歳・5歳・3歳の子どもの成長を祝う行事)を行う児童
 (4)助成申請方法
     助成を希望する児童について、別紙様式により、申請書を令和2年12月25日(金)まで(当日消印有効)に提出。
 (5)助成金の振込み
     審査のうえ助成の可否を決定し、令和3年3月末日までに助成金を申請書で指定の口座へ振込。

【書類提出・問合せ先】
  社会福祉法人全国社会福祉協議会 児童福祉部
  「ジェイ・ストーム助成事業」 担当:森屋、池本、星野
   〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
    TEL:03-3581-6503

【助成】令和2年度「社会人一年生スタート応援助成」募集

児童養護施設・母子生活支援施設・自立援助ホームで生活する児童の就職時の資格取得を支援する「ゆたかな育ちと自立」応援助成事業

令和2年度「社会人一年生スタート応援助成」実施要項の概要は下記のとおりです。

〇趣旨
 本事業では、株式会社ジェイ・ストーム(レコード・映画制作会社)からの寄付をもとに、社会的養護施設(児童養護施設、母子生活支援施設、自立援助ホーム)で生活する児童等のゆたかな育ちと、社会に向けた自立への歩みを応援することを目的として、就職時の各種資格等の取得にかかる費用の一部を助成。

〇助成内容
 (1)助成対象となる資格等と助成金額
    令和2年4月以降に取得した、または取得する次の資格等
   ①普通自動車運転免許
    児童1名につき180,000円を限度として助成
   ②就職時に有用となる各種資格
    (簿記、パソコン操作技術、TOEIC、ホームヘルパー等の資格)
     児童1名につき180,000円を限度として実際に要した金額を助成

 (2)助成対象者(以下の①~④の要件をすべて満たす児童)
   ①助成申請時に、児童養護施設、母子生活支援施設もしくは自立援助ホームに入所している、または退所しているが平成30年4月1日以降において入所していた児童。
   ※本要項における「児童」には、助成要件を満たす満18歳以上の者を含む。
   ※過去に本助成を一部でも受けた児童については、申請不可。
   ※【自立援助ホームの場合】
   退所児童については、継続して3か月間以上入所していたことを要件とする。
   ②原則として、令和3年4月から9月までの間に就職を予定していること。
   ※進学の場合は申請不可。
   ※【自立援助ホームの場合】
   令和2年4月から令和3年3月までの就職も対象。
   ③前記(1)の資格証等の写しを、施設をとおして本会に提出できること。
   ④【児童養護施設または母子生活支援施設の場合】
  令和3年3月に高等学校を卒業し、その卒業証書等の写しを、施設をとおして本会に提出できること。

 (3)提出書類
   ①申請書
   助成を希望する児童について、様式1により、施設の公印を押した申請書原本を令和3年1月31日(日)まで(当日消印有効)に提出。

   ②その他提出書類
   次の書類を令和3年3月19日(金)まで(当日消印有効)に提出。

  ア)普通自動車運転免許の場合
  1)運転免許証のコピー
      2)【児童養護施設または母子生活支援施設の場合】 高等学校卒業証書等のコピー
     イ)各種資格の場合
      1)資格証のコピー
      2)支払済の費用がわかる資料
         (資格認定実施機関・学校への振込控のコピー、授業料明細のコピー等)
      3)【児童養護施設または母子生活支援施設の場合】 高等学校卒業証書等のコピー

        ③受領書【自立援助ホームの場合】
        本会から受領した助成金を児童に交付した自立援助ホームは、速やかに児童から受領書を徴収し提出する。

〇提出先
【児童養護施設または母子生活支援施設の場合】
  社会福祉法人全国社会福祉協議会 児童福祉部
   「ジェイ・ストーム助成事業」 担当:森屋、池本、星野
    〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル(TEL:03-3581-6503)

【自立援助ホームの場合】
  自立援助ホーム あすなろ荘(全国自立援助ホーム協議会 事務局)
  「社会人一年生スタート応援助成事業」 担当:恒松
   〒204-0022 東京都清瀬市松山3-12-14(TEL:042-492-4632)

〇問合せ先
  社会福祉法人全国社会福祉協議会 児童福祉部
  「ジェイ・ストーム助成事業」 担当:森屋、池本、星野
   〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
    TEL:03-3581-6503

2020年11月17日 (火)

令和2年度香川県社会福祉協議会職員採用試験(第1次選考)合格者発表

令和2年度香川県社会福祉協議会職員採用試験(第1次選考)合格者発表

 令和2年度香川県社会福祉協議会職員採用試験(第1次選考)の合格者は、

下記の受験番号の4名です。

 合格者には、第2次試験について、別途文書を送付しますのでご確認ください。

【合格者受験番号】

  0001   0002   0003   0004

【福祉人材センター】介護助手を体験してみませんか?

元気なシニアの皆さん!介護に関心のある皆さん!

住み慣れた地域で“介護助手”を体験してみませんか? (無資格・未経験者大募集)


香川県の委託により、「介護助手等多様な人材によるチームケア実践力向上推進事業」のモデル事業を県内5か所の事業所で実施します。

現在、モデル事業所で「介護助手」として働いていただく、元気なシニアの方や介護に関心のある方を募集しています。


短時間勤務など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。

興味のある方はご参加ください。


◇「介護助手」募集チラシはこちら

◇11月下旬に説明会を開催する予定です。(高松市・観音寺市) 


詳細は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先  香川県社会福祉協議会 香川県福祉人材センター TEL 087-833-0250  

2020年11月19日 (木)

住民主体の居場所を育てる ~住民の力で地域を持続可能にするために~ 参加者募集

令和2年度厚生労働省老人保健健康増進等事業
「地域特性を踏まえた生活支援ニーズへの対応及び地域活動の継続に係る調査研究事業」

住民主体の居場所を育てる ~住民の力で地域を持続可能にするために~

上記研修会の概要は下記のとおりです。
高齢者など地域住民が相互に支え合う居場所をひろげたい方、今ある地域の居場所を育て、長く続けたい方など、ご参加をお待ちしております。

〇開催目的
   住民が相互に支え合う生活支援サービスの充実を、居場所を介することで加速させましょう。
   持続的な活動とするためのノウハウを先進事例から学びましょう。
   地域特性の違いにも着目し、新旧の住民組織等がそれぞれの得意領域を活かす連携を考えましょう。

〇日時 2020年12月22日(火) 午前10時~午後4時

〇会場 香川県社会福祉総合センター 7階 第1中・第2会議室(香川県高松市番町1丁目10-35)

〇参加人数 50名(参加費無料・事前予約制)

〇基調講演
  「住民主体で多機能な居場所をつくる」
      内藤 佳津雄 氏(日本大学文理学部教授/本事業研究委員会委員長)

〇事例報告
  地域特性を生かしたプラットフォーム型居場所の事例

  ・地域包括ケア推進モデルハウス「実家の茶の間・紫竹」 河田 珪子 氏 ※オンライン登壇

  ・「小規模多機能自治」のとりくみ
     雲南市政策企画部地域振興課, 「新市いきいき会」 小林 和彦 氏

  ・「居場所からつながる居場所へつながる~人のチカラが集まる場~善通寺市社協善通寺市地域支え合いセンターここ家から」   
     善通寺市社会福祉協議会  村井 美保 氏

〇パネルディスカッション居場所を育てるための支援とは

〇ワークショップいまある強みを生かして多機能な居場所を育てよう
 ① 地域資源と地域特性をみなおそう
 ② 居場所の価値をチェックしよう

申込・問い合わせ先
 一般社団法人全国食支援活動協力会
  申し込みフォーム https://forms.gle/afawTgniHtmJT1HA7
   TEL 03-5426-2547

研修会チラシ  実施概要  実施背景


PDF形式の資料をご覧いただくには、AdobeAcrobatReaderが必要です。
AdobeAcrobatReaderをダウンロードするには右のアイコンをクリックして下さい。
GET ADOBE READER

社会福祉法人 香川県社会福祉協議会
〒760-0017 香川県高松市番町1-10-35 香川県社会福祉総合センター5F TEL:087-861-0545(代)/FAX:087-861-2664(代)

pageup Copyright(C)2011 KAGAWA Prefectural Council of Social Welfare. All Right Reserved